目 的

 司法・医療通訳士の研究および育成、外国人介護士・ホームヘルパー等、
 国際医療福祉人材の育成支援

ご挨拶

 2007年に日本における外国人登録者の数は215万人をこえ、今や全人口の約2%に達しています。 諸外国人との交流が進み、日本での共生が進むとともに様々な問題も生じてきています。

特に専門的な分野では、日本側と外国人の間の意志疎通の正確さがより求められるようになりました。
お互いがそれぞれを理解し、よい結果を求めるためには、専門性の高い知識と技術を持った通訳者の存在が必要であることはいうまでもありません。

当研究所は、これら通訳者のなかでも、司法・医療・福祉分野の専門通訳士の育成と、その社会的経済的地位の確立に寄与することを理念としています。

また、日本の専門職のなかで現在もまた将来も不足する職種に、外国人の導入が図られています。
当研究所では、海外での有資格者及び日本在住の外国人に医療福祉・日本語学習支援も合わせて行って参ります。

今後とも関係各位のご指導、ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

JMIL 所長  堀内 伸浩
【所長略歴】
 英国南サセックスカレッジ卒業(専攻は国際私法)後、
 外資系商社、専門学校講師を経て、
 現在、D・フォスターリーガルネット本局長。